めまいの対処法

めまいの対処法

血圧が低い場合などに急に立ち上がったりするとめまいが起こることがありますが、めまいが起こったらとにかくそっとして落ち着くことです。


大丈夫だろうかと不安な気持ちになるとめまいがひどくなることがあります。
しばらくじっとしてから、ゆっくり暗い静かな場所まで行って横になり楽な姿勢になりましょう。


そして、めまいが落ち着くまではその楽な体勢で安静にすることです。
大概の場合、このめまい対処法でめまいは治りますが、めまいの薬があれば飲むとさらに効果的です。


しかし、じっと安静にしていても手足のしびれや麻痺、さらには頭痛などがある場合はすぐに病院へ行って診察を受けるようにしてください。


また、人によりますがめまいが起こる前兆として、耳鳴りや耳の閉塞感、ふらふらする感じや頭痛などがありますし、偏頭痛でめまいが起きることもあります。


もし、このようなめまいの前兆を感じたらその場で安静にすることです。
さらに、脳卒中に伴うめまいがありますが、めまいが起こる脳卒中の原因は生活習慣病だと言われています。


このようなめまいの対処法は生活習慣病を治療することです。
生活習慣病にかかっていて、めまいや頭痛がある人は、例えめまいの症状が軽くても病院で診察を受けるようにしましょう。


めまいは頭部の怪我によっても起こりますが、すぐに病院で診察を受けることです。
頭部に怪我をした後のめまいは、怪我をしてからめまいの症状が現れるまでに時間がかかることがありますから、怪我をしてから1ヶ月程度は、めまいに注意する必要があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。