胃痙攣の対処法


胃痙攣は突然起こるみぞおち付近のけいれん性の痛みで、その痛さは激しく1時間程度続きます。
もし、我慢できれば1時間ほどで胃痙攣は治まりますが、中には救急車を呼ぶこともあるようです。

胃痙攣の対処法では、胃痙攣で苦しんでいる人の背中をゆっくりと撫でるのが効果的です。

背中を撫でるのは自律神経の緊張を解く効果がありますので、痙攣の症状が和らいでくるのです。

胃痙攣が起き易いのは過度のストレスで胃が痙攣する場合が多いようですから、胃痙攣にストレスや悩みすぎは禁物です。


日頃、身に余る難しい問題を抱えていると人は誰でも全身が緊張してしまいますが、その緊張が敏感な内臓である胃に来て胃が痙攣を起こしますから、胃痙攣の対処法は悩み事を抱え込まないようにすることが大切です。


それから、ストレス以外の原因で胃痙攣になる場合も考えられますから、出来れば胃痙攣が治まっても病院で胃の検査をしてもらうことをお勧めします。


もしかすると胃だと思っていたのが実は肝臓が悪いためなどという場合もあります。
そして、日頃から温かいお風呂に入り、胃を含め冷え易い内蔵全般を芯から温めることも、気分がリラックスしてストレスが溜まらないことと同時に、体には良いことです。


それから、胃痙攣の発作中にはとにかくじっとして無理に動こうとしないことが大切です。四つ這いになってじっとしてゆっくり呼吸をすることです。胃痙攣の最中には薬は飲もうとしてもとても飲めるような状態ではありませんし、胃痙攣がすぐに治まる薬はありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。