噂の対処法

噂の対処法

噂は嫌なもので、根も葉もない噂の種にされるとつい感情的になってしまうものですね。そして、そんなことは無いとか、いい加減なことは言わないで、と真剣になって否定してしまい、それが逆効果になりかねません。


つまり、その噂が本当なので噂されている当人は言訳をしているのだと思われてしまいます。
特に会社勤めの人は男女を問わずともすれば噂の標的になるようです。


では、この噂の対処法はどのようにするのがベストなのかですが、一番賢い対処法は噂話しが耳に入ったら笑って聞き流してしまうことです。


噂の当人がむきになって反論しないので、噂話をした人は気が抜けてしまいます。
そして、噂の対処法で大切なことは自分が噂の震源地にならないようにすることです。
さらに積極的には噂話の発信源の人に直接話します。


そして、噂を流した人が名誉毀損に当るような場合やその噂で自分の立場が不利になるようであれば損害賠償や名誉回復など刑事告訴も考える旨を伝えましょう。
個人はプライバシーの権利がありますから、その情報を公にされない権利があるのです。
ですから噂はプライバシーの侵害にもなるのです。


このために、個人のプライバシーを守る法律には、憲法13条や民法709条、723条があり、ひどい場合は刑法230条や232条があり、噂を流した人にこれらの法律が適用されます。
なお、勤めている会社に関する悪い噂を耳にした時には、それが事実でない場合はきっぱり否定しましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。