過呼吸の対処法

過呼吸 対処法

過呼吸とは自分の体が必要とする以上に呼吸をすることです。
その結果血液中の酸素が増えすぎて二酸化炭素が低下して、手足がしびれてきたり、呼吸困難に陥ります。


しかし、過呼吸の対処法を知っていても手足のしびれが過呼吸によるものだと気がつかなければ適切な処置は出来ません。
過呼吸の原因は、呼吸を必要以上に行うことで、これはパニック障害や運動の後なの緊張などによって引き起こされることがあります。


血液中の二酸化炭素が体外に出過ぎると血液がアルカリ性になり、息が苦しくなるので脳が酸欠勘違いしてしまうのです。
そして、呼吸がさらに激しくなり症状が悪くなります。


過呼吸になり易いタイプの人は性格的に几帳面とか心配性で不安になる人に多いようで、打つ病などの人も過呼吸になり易いと言われています。
過呼吸の対処法ではペーパーバック法がありますが、これは紙袋などで自分の吐いた空気をまた吸わせるというものです。

この時、ビニールバッグは危険な場合がありますから使わないようにしてください。
過呼吸の対処法としては、ペーパーバッグ法で症状が治まらない時には精神安定剤を使うことになります。


それから、過呼吸の対処法ではまず気持ちを落ち着けるためにゆっくり深呼吸をすることです。

そして、ストレスを抱え込まないようにするのも過呼吸の対処法として効果があります。
つまりストレスが不安や緊張感を招き、その結果過呼吸になり勝ちだからです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191977517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。