巻き爪の対処法


巻き爪のことはご存知の人は多いと思いますが、爪の端が皮膚に食い込んで指が痛くなることで、主に足の親指の爪で起こります。


巻き爪の部分が炎症を起こすと痛くて歩けないようにもなりますから、巻き爪の対処法を考えてみましょう。

巻き爪の対処法ではその原因を知らなければなりませんが、原因は様々です。


巻き爪の原因は、爪先に負担のかかる靴を履いているとか、傷で爪が変形してしまうとか、生来の爪の形などがあります。
また、足指以外に手の指でもたまに巻き爪が見られます。


自分でできる巻き爪対処法は靴の選び方に気を使うことです。靴はつま先を圧迫しないものにして、歩いている時につま先が靴の先に当たらないようにしましょう。
それから、巻き爪になり易い爪では爪の形を整える時に爪を深く切り過ぎないことで、深爪には注意してください。

爪の形を四角く整えることが大切で、痛みの原因になる爪の角を伸ばして皮膚へのダメージを防ぐのです。


爪切りを使わないで爪の左端から右端まで一直線にファイリングするのも良いでしょう。
他の巻き爪対処法ではネイルサロンやフット専門サロンなどで行われている矯正があります。
この矯正方法は専用のワイヤーや特殊なプレートや形状記憶合金などを使ってカーブした爪を少しずつ平らな形にしていく方法です。

最近は矯正の種類も増えていますし、費用や治療期間はまちまちですから、自分に合った矯正方法を見つけるようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。