腰痛の対処法

腰痛には急性と慢性がありますが、急性腰痛(俗称ぎっくり腰)はまず安静にすることと慢性腰痛では腰痛体操などの運動をすることが腰痛の対処法になります。


急に腰が痛くなった時に鋭い痛みがある場合は絶対安静を心掛けましょう。
鋭い痛みは患部の炎症で、この炎症は2〜3日は続きます。
咳やくしゃみで腰に痛みが出る時は椎間板を傷めている可能性が高いですから横になって安静にしましょう。

それから、炎症を鎮めるために痛い部分を冷やしますが、冷やしたタオルやアイスパック(保冷剤)などを使います。


冷やす時間は15分間程度にして、しばらくしてからまた冷やすようにして、冷やし続けることはしないでください。
そして痛い部分に感覚がなくなってきたら冷やすのを止めます。


そして、動けるようになったら整形外科などで診察してもらいましょう。

急性腰痛の対処法の注射は即効性があるブロック注射などですが治療事態は痛いものではありませんし、危険なこともありません。しかし、あまりにも椎間板ヘルニアが悪化した場合は手術も考えなくてはなりません。


また、ぎっくり腰が治ったからといって無理をすると再発しますから、重いものを持ち上げる時や無理な姿勢で腰をひねるようなことはしないようにしましょう。
一方で慢性的な腰痛は姿勢や関節の機能低下によるものです。

基本的な腰痛対処法は腹筋と背筋を鍛えることですから、朝、起きる前にベッドの上で腰痛ストレッチ体操をしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194454700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。