睡眠障害の対処法

睡眠障害は不眠症とは違い、通常の睡眠が出来ないことです。

睡眠時間は人により異なりますし、一般的に言われている8時間睡眠に拘る必要はないようで、日中に眠気が出て困らなければ睡眠時間は短くても構いません。


ただし、日中に仕事をしていて急に眠気が来てしまうような場合は睡眠障害ですから、何らかの睡眠障害への対処法を講じなければなりません。

もし、睡眠不足での睡眠障害ならば、寝る前にカフェインを摂らない様にすることや、寝る前にはタバコを吸わないようにしましょう。


睡眠障害の対処法でお勧めなのは就寝前の軽い読書や小さい音量で音楽を聴くことなどで、むしろ難しい読み物を読もうとすると眠くなってくるものです。
音楽も、それを聴いて興奮するのでは逆効果ですから差しさわりのない音楽を聴くようにしましょう。


そして、どうしても寝ようと思わないで眠くなったら寝るという位の気持を持つほうが結果的には知らぬ間に寝付いて熟睡できるようです。

明日の朝は会社が早出だから早く寝なくてはなどと思うと、連鎖的に会社のことを考えてしまい、頭が冴えてしまうのです。


また、睡眠障害の対処法で良いのは毎日大体同じ時刻に起きるように習慣づけることです。
今日は日曜日だからと遅くまで寝床にいると、次の月曜の朝に起きるのが辛くなるものです。

そして昼寝は昼御飯の後よりは午後3時ごろに30分ほどが良く、1時間は寝すぎです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。