足がつる、つったときの対処法

足がつるこむら返りはとても痛いもので、よく朝の起きがけなどに急に起こります。

こむらがえりは足の筋肉の痙攣でふくらはぎに起こりますが、この他に足の裏や足の指がつるのはミネラルが不足して起こる筋肉の異常収縮です。


足がつる対処法では、そのままじっと我慢していると、やがて収まることが多いのですが、ふくらはぎの痛みが肉離れを起こす場合もありますから、テーピングをすると良いでしょう。


足がつって、痛みが強く筋肉が硬くなっている時にはそこを軽く温めて、マッサージをすると硬くなった筋肉がほぐれてきます。

寝ている時の足がつる対処法では足が冷えないように就寝前に風呂で足を良く温めてからふくらはぎのマッサージ、ストレッチなどをすることです。


こむら返りが寝ている時に起きる原因には、膝が伸びて足が下向きになっている状態で、ふくらはぎの筋肉が緊張することがありますから、少し膝を曲げて眠るようにして予防しましょう。

また、足がつるのは肉離れや静脈血栓症の可能性もありますが、長時間同じ姿勢をしていると足への血行が悪くなり血栓が生じて血管が詰まることがあります。


足がつるのは睡眠中だけでなく泳いでいる時にも多いですが、それは足が地についていないので骨盤にゆるみが生じるからです。

そして、足がつる原因にはビタミン不足も関係していますから、食生活にも注意しまて、ビタミンやミネラルをきちんと摂取することも足がつる対処法になります。

なお、唐辛子などの摂りすぎは足がつり易くなるとも言われています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203495207
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。